字幕づくり 第78回


今回は "Lukas Graham" の "7 Years" に挑戦。




デンマークの4ピースバンド "Lukas Graham"
バンド名は、最近では珍しい「ボーカル本人の名前」から。
"Bon Jovi" みたいなもんですね。

当のルーカスは、レベルの高さに定評のある、
あの「コペンハーゲン少年合唱団」出身という異色の経歴。
いま世界で最も注目される新人バンドの一つではないでしょうか?


この曲を聴くと、わやQは涙が止まりません。








- Lyrics -


Once I was seven years old my mama told me
Go make yourself some friends or you'll be lonely
Once I was seven years old

It was a big big world, but we thought we were bigger
Pushing each other to the limits, we were learning quicker
By eleven smoking herb and drinking burning liquor
Never rich so we were out to make that steady figure

Once I was eleven years old my daddy told me
Go get yourself a wife or you'll be lonely
Once I was eleven years old

I always had that dream like my daddy before me
So I started writing songs, I started writing stories
Something about that glory, just always seemed to bore me
Cause only those I really love will ever really know me

Once I was 20 years old, my story got told
Before the morning sun, when life was lonely
Once I was 20 years old

I only see my goals, I don't believe in failure
Cause I know the smallest voices, they can make it major
I got my boys with me at least those in favor
And if we don't meet before I leave, I hope I'll see you later

Once I was 20 years old, my story got told
I was writing about everything, I saw before me
Once I was 20 years old

Soon we'll be 30 years old, our songs have been sold
We've traveled around the world and we're still roaming
Soon we'll be 30 years old

I'm still learning about life
My woman brought children for me
So I can sing them all my songs
And I can tell them stories
Most of my boys are with me
Some are still out seeking glory
And some I had to leave behind
My brother I'm still sorry

Soon I'll be 60 years old, my daddy got 61
Remember life and then your life becomes a better one
I made a man so happy when I wrote a letter once
I hope my children come and visit, once or twice a month

Soon I'll be 60 years old, will I think the world is cold
Or will I have a lot of children who can warm me
Soon I'll be 60 years old
Soon I'll be 60 years old, will I think the world is cold
Or will I have a lot of children who can warm me
Soon I'll be 60 years old

Once I was seven years old, my mama told me
Go make yourself some friends or you'll be lonely
Once I was seven years old

Once I was seven years old







※今回のポイント※


デンマークの公用語はデンマーク語。
英語は公用語ではありません。
ですが、英語教育にはかなり熱心なお国柄のようです。
文法がほとんど同じらしいので、その点は楽かもしれません。

それでも、母国語以外の言葉で歌詞を作り歌うというのは、
簡単なことではないと思います。

おそらくルーカス少年は、合唱団でコーラスをやりながら、
家では英語のHIP-HOPを聴きまくっていたんだろうなぁ……
というバックボーンが見えてきます。

今回は、ルーカス少年→ルーカス青年→ ……
それぞれに自分を重ねていきます。






Once I was seven years old my mama told me
Go make yourself some friends or you'll be lonely
Once I was seven years old



 俺が 7つの時 ―
 お袋が 言ったんだ
 「友達を作りなさい さもなきゃ独りよ」
 そう 7つの時だったよ





It was a big big world, but we thought we were bigger
Pushing each other to the limits, we were learning quicker
By eleven smoking herb and drinking burning liquor
Never rich so we were out to make that steady figure


"Pushing each other to the limits"
「お互いがお互いの限界を押し広げる」そんなイメージ。

"we were out to make that steady figure"
"be out to ~" は「~しようと努めている」
"steady figure" は「確かなモノ」と意訳。



 めちゃ広い世界だけど ―
 自分たちの方が デカイと思ってた
 みんな 切磋琢磨し ―
 競って学んだ
 11歳で ハーブとキツイ酒も覚えた
 貧しい俺たちは ―
 "確かなモノ" を作るのに躍起





Once I was eleven years old my daddy told me
Go get yourself a wife or you'll be lonely
Once I was eleven years old



 俺が 11歳の時 ―
 親父が 言ったんだ
 「嫁さんを見つけろ さもなきゃ独りだ」
 そう 11歳の時だったよ





I always had that dream like my daddy before me
So I started writing songs, I started writing stories
Something about that glory, just always seemed to bore me
Cause only those I really love will ever really know me


"only those I really love will ever really know me"
「俺が本当に愛する者だけが、ちゃんと俺を知る(理解する)」



 夢だけは 忘れなかった ―
 親父が そうしたように
 だから俺は 歌を ―
 "物語" を書こうと決めた
 "栄光" について
 いつも ウンザリさせられた
 俺の愛する人だけが ―
 真に 俺を分かるのさ





Once I was 20 years old, my story got told
Before the morning sun, when life was lonely
Once I was 20 years old


"Before the morning sun, when life was lonely"
直訳すると「朝日の前、俺の人生が孤独だった時に」?
ちょっと悩みましたが、パッと閃きました。

彼らの曲に "Before the morning" というのがあるんです。
おそらく、それが「初めて作った曲」
もしくは「初めて人前で披露した曲」ということなのでしょう。



 俺が 20歳の時 ―
 "物語" は語られた
 "Before The Morning Sun" という曲が
 孤独な 20歳だったよ





I only see my goals, I don't believe in failure
Cause I know the smallest voices, they can make it major
I got my boys with me at least those in favor
And if we don't meet before I leave, I hope I'll see you later


"the smallest voices, they can make it major"
「その最も小さい声たちが、大きくなれる(成功できる)」
ここは「この小さな声が、必ず届く」と意訳。

"I got my boys with me at least those in favor"
この "my boys" は「親友・仲間」の意味。
後半の "those in favor" と合わせて「支持してくれる仲間」
「賛同してくれる仲間」みたいなイメージでしょうか。
字幕では分かりやすく「掛けがえのない仲間」に。

"if we don't meet before I leave, I hope I'll see you later"
「もし俺が去る前に会えないのなら、後でお前達と会いたい」
この "leave" にちょっと引っかかりを感じました。
普通に考えれば、どこかに「出発前」ということなのですが、
これは「人生」の歌なんです。
そこら辺を鑑みて、わやQがイメージすると次のようになります。



 ゴールしか 見ていない
 失敗なんて 考えもしない
 この小さな "声" が ―
 必ず届くと 知っているから

 ついに 見つけたよ ―
 掛けがえのない仲間
 死に目に 会えなきゃ ―
 向こうで 会おうな





Once I was 20 years old, my story got told
I was writing about everything, I saw before me
Once I was 20 years old



 俺が 20歳の時 ―
 "物語" は語られた
 目にした全てを 記していたんだ
 そう 20歳の時だったよ …





Soon we'll be 30 years old, our songs have been sold
We've traveled around the world and we're still roaming
Soon we'll be 30 years old



 もうすぐ 30歳だ
 曲は 売れてるだろうな
 世界中を 休まず 飛び回っているよ
 もうすぐ 30歳だ …





I'm still learning about life
My woman brought children for me
So I can sing them all my songs
And I can tell them stories
Most of my boys are with me
Some are still out seeking glory
And some I had to leave behind
My brother I'm still sorry


後半の "Most of my boys ~" 以降は、
文字数の制約と字幕表示のタイミングが厳しかったので、
大まかな意味が壊れない程度に分解し、
再編した感じの意訳になっています。



 人生には まだ教えられてる
 妻は 子どもを授けてくれた
 だから 子ども達に ―
 歌い 伝えられるんだ
 大勢の 仲間たち
 まだ 成功していないヤツもいる
 置き去りにしちまったヤツ ―
 ごめん 悔やんでるよ




Soon I'll be 60 years old, my daddy got 61
Remember life and then your life becomes a better one
I made a man so happy when I wrote a letter once
I hope my children come and visit, once or twice a month


"Remember life and then your life becomes a better one"
「『生』を心に留めておけ」
「そうしたら、お前の人生はより良いものになる」
日本語だとこんな感じでしょうか?
ただ、字幕に収まらないので、
泣く泣く「人生ってのは、より良くなるもんさ」と短縮。
上手い言い換えが浮かびませんでした。

"I made a man so happy when I wrote a letter once"
この "a man" をどう捉えるかで、内容が変わってきます。
「不特定多数の人」であれば "letter" は「文字」でしょうし、
「(自分の)父親」であれば "letter" は「手紙」でしょう。
前者は「文字(曲)を書いて、ファンや周りを幸せにした」
後者は「たった一枚の手紙で、親父は喜んでくれた」
こんな風に訳せそうです。
流れ的には後者のような気がするのですが、
「物語」もこの曲のテーマなので、前者も捨てきれません。
そこで、より広い意味を内包できるよう、
前者をベースにして字幕を作ることにしました。
読み手の想像にお任せします。
ズルくてすみません。

"I hope my children come and visit, once or twice a month"
「子ども達が、月に1~2回やって来て欲しい」
これは、離婚とかしているワケではなく、
将来60歳になった時をイメージしているんです。
成人して巣立った子ども達。
定期的に顔を見せに来てくれたら嬉しいですよね。



 いずれ 俺も60歳に
 親父は 61歳 ―
 「人生ってのは より良くなるもんさ」
 俺も 一文字ごとに ―
 誰かを 幸せにしてきた
 子ども達よ ―
 月に一二度 顔を出しておくれ





Soon I'll be 60 years old, will I think the world is cold
Or will I have a lot of children who can warm me
Soon I'll be 60 years old
Soon I'll be 60 years old, will I think the world is cold
Or will I have a lot of children who can warm me
Soon I'll be 60 years old


クライマックスです。
難しい言葉がないからこそ、どう訳すのかを慎重に。



 そのうち 俺も60歳 ―
 俺の世界は 凍えているか?
 子どもに囲まれ 暖かいのか?
 じきに 俺も60歳だ

 60歳の 俺は ―
 凍えているのか?
 子どもに囲まれ 暖かいのか?
 60歳なんて すぐだよな …





Once I was seven years old, my mama told me
Go make yourself some friends or you'll be lonely
Once I was seven years old

Once I was seven years old


フィニッシュです。
最後の味付けはどうしましょうか?
今回の曲は、しっかりと余韻を残したいですね。

 

 俺が 7つの時 ―
 お袋が 言ったんだ
「友達を作りなさい さもなきゃ独りよ」
 そう 7つの時だったよ

 そう あれは 7つの時 …










気がついたら、こないだ1周年を迎えていました。
みなさん、本当にありがとうございます。

何年くらい続けられるのでしょうかね?
とりあえず "7 Years" ?




いやぁ、字幕って本っ当に難しいもんですね。
ではまたお会いしましょう。








↓ 今回の曲はコチラ ↓



Lukas Graham - 7 Years


7 Years
Warner Bros.
2015-10-22





収録アルバム

Lukas Graham
Lukas Graham
Warner Bros / Wea
2016-03-25



【送料無料】 Lukas Graham / Blue Album 輸入盤 【CD】
【送料無料】 Lukas Graham / Blue Album 輸入盤 【CD】









難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)2kg(微顆粒品・15cc計量スプーン付き)【送料無料】
難消化性デキストリン(水溶性食物繊維)2kg(微顆粒品・15cc計量スプーン付き)【送料無料】