字幕づくり 第26回


今回は "Lawson" の "Roads" に挑戦。

UKの5人組バンド。
この夏、2年振りとなるアルバムをリリースします。
その中から新曲のビデオを。



めちゃめちゃカッコイイです。
あと、名前が「ローソン」っていうのもいいですね。

「ファミチキください!」








- Lyrics -


Hey! Forgive me father
Up all night
I'm going under
I don't wanna be like you
And you don't wanna be like me

Hey! I play with matches
Roll that dice and hope for magic
I try to let the river flow
And take me somewhere I don't know

Oh oh oh wild horses in the night
I'm running for my life, yeah

I try to give myself away
To give into the chase
Night turns into day
I drive, drive into the moon
I pray for something new
No matter what I do
All roads leads to you
All roads leads to you

Hey! Can you feel that thunder?
Get in line and take a number
Cos we don't wanna be like them
And they don't wanna be like us

Hey! I've crossed the ocean
Wiped my mind with a million potions
Tryna run away for you
It's a game I think I'll always lose

Oh oh oh wild horses in the night
I'm running for my life, yeah

I try to give myself away
To give into the chase
Night turns into day
I drive, drive into the moon
I pray for something new
No matter what I do
All roads leads to you
All roads leads to you
All roads leads to you

No matter what I do every road leads right back to you
If I win or lose every road leads right back to you
No matter what I do every road leads right back to you
If I win or lose every road leads right back to you

Oh oh oh wild horses in the night
I'm running for my life, yeah

I try to give myself away
To give into the chase
Night turns into day
I drive, drive into the moon
I pray for something new
No matter what I do
All roads leads to you
All roads leads to you
All roads leads to you

No matter what I do every road leads right back to you
If I win or lose every road leads right back to you
No matter what I do every road leads right back to you
If I win or lose all roads leads to you







※今回のポイント※

直訳だとちょっとチグハグしそうな感じ。
曲に合わせてこそ生きてくる歌詞ではないでしょうか。

馴染ませるためにも、しっかりとイメージを掴む必要があります。








Hey! Forgive me father
Up all night
I'm going under
I don't wanna be like you
And you don't wanna be like me


"forgive me" は謝罪を表す言葉ですが、
"sorry" が「自分自身の気持ち」なのに対して、
こちらは「(相手に対して)許しを乞う」意味合いです。

"I'm going under"
"go under" は「沈む/溺れる」から転じて、
「失敗する/倒産する」「負ける」などの意味も持ちます。
日本でも、賭け事で負けてる状態を「沈む」と表現しますね。


" 親父 許してくれ
 一晩中 沈み続けている
 あんたを好きになれない
 あんたが俺を嫌うように "








Hey! I play with matches
Roll that dice and hope for magic
I try to let the river flow
And take me somewhere I don't know


"Roll that dice"
「そのサイコロを振る」ですが、
字幕では "for magic" と音が少し似ていたので、
「(ダイス)を投げる」としました。
「賽は投げられた」という言葉もある事ですし、
問題はないと思います。

"hope for magic"
直訳すれば「魔法を頼りに/当てに」になります。
ちょっと語感が良くないので「奇跡にすがり」・・・・・・
でも、この曲では「魔法」はちょっとキーワードに
なっていると感じたので、「魔法にすがり」としました。


" マッチをもてあそび
 魔法にすがり ダイスを投げる
 "流れ" を変えるんだ
 知らない場所へ 運んでくれ "








Oh oh oh wilde horses in the night
I'm running for my life, yeah


" ああ 真夜中の荒馬たち
 俺は人生を駆けている "








I try to give myself away
To give into the chase
Night turns into day
I drive, drive into the moon
I pray for something new
No matter what I do
All roads leads to you
All roads leads to you


"give myself away" は辞書で調べると「馬脚をあらわす」
また「お里が知れる」そう書かれていると思います。
でも、この場合は「自分自身をまるごと全部あげる」
=「自分を捧げる」だと思います。

"give into the chase"
"give into" は「負ける/屈する」の意味で使われるのですが、
それだとちょっと意味が分からなくなると感じました。
ここでは、その前の "give myself away" との繋がりで、
"give (myself) into" なんじゃないかと考えました。
「その中に自分を与える」つまり「身を投じる」に
近い意味だと思い、「チェイスに身を投じる」と解釈しました。

「チェイス」は「追いかけっこ」ですが、
ちょっと締まらないので、最初は「レース」にしました。
でも、やっぱりちょっとだけニュアンスが違うんですよね。
悩んだ結果、そのまま「チェイス」に。
「カーチェイス」という言葉も浸透していますし、
映像からも何の事か理解できるので、ここは大丈夫でしょう。

"Night turns into day"
ここはちょっと悩みました。
単純に考えれば「夜が明けた」意味と考えられますが、
でも、"dawn"(夜明け)とかじゃないんですよね。
そこで考えました。
曲の最初の方で「魔法」と言っています。
では、「夜が昼に変わった」ということは、
その魔法の力で「別の世界に行った」暗喩ではないでしょうか?
実際にはどうなのか分かりませんが、そういう可能性も考え、
ここではあえて直訳にします。


" さあ 俺自身を捧げ ―
 "チェイス" に身を投じよう
 夜が昼へと変わる

 走る ―
 月に向かい 走る
 新しい何かを願い
 俺が何をしようと ―
 道は 君へと続いてる
 道は 君へと続いてる "









Hey! Can you feel that thunder?
Get in line and take a number
Cos we don't wanna be like them
And they don't wanna be like us


"Get in line and take a number"
"get in line" は「列に並ぶ/整列する」なので、
「列に並んで、番号札(整理券)をもらう」の意味です。
でも、ちょっと冗長で説明くさくなるので、
字幕では次のようにしてみました。


" 雷を感じられるか?
 お行儀良く 列に並んでいる ―
 そんな風に なりたくないよな
 向こうも 同じだろうけどな "








Hey! I've crossed the ocean
Wiped my mind with a million potions
Tryna run away for you
It's a game I think I'll always lose


"Wipe" は「ワイパー」の「ワイプ」です。
「拭う」→「きれいにする/掃除する」と言い換えられます。

"a million potions"
「100万本のポーション」これをどう訳すか。
"potion" は「水薬」の事ですが、「魔法関係」を連想させます。
ファンタジー世界で出てくる「魔法の薬」ですね。
そうすると「霊薬」とか「秘薬」なんて言葉が浮かびます。
でも、ここでは単に「薬」とした方が融通がききそうです。

"I've crossed the ocean
 Wiped my mind with a million potions"
「海外での様々な得がたい経験が、俺の目を開かせてくれた」
みたいな意味が込められているのでしょうか。

"run away" は「逃げる」が真っ先に浮かびますが、
レースなどで「逃げ切る」=「勝つ」という意味でも使われます。


" 海を渡ったんだ
 数多の "薬" が心を洗った
 君の許へ 逃げ切ろう
 "負け続ける" と思うゲーム "








No matter what I do every road leads right back to you
If I win or lose every road leads right back to you
No matter what I do every road leads right back to you
If I win or lose every road leads right back to you


"every road leads right back to you"
「どの道も、君の許へ帰るように導いてくれる」
 =「全ての道が、君への帰り道だ」ということでしょう。

印象的に繰り返されるので、少し変化を加えていきます。


" 何をしようとも ―
 全ての道は 君へと続いてる
 勝とうが 負けようが ―
 この先に 君が待っている

 何をしようとも ―
 全ての道は 君へと続いてる
 勝とうが 負けようが ―
 この先に 君が待っている "




曲の締め括りでは、もう一つ変化を。




" 何をしようとも ―
 全ては 君へと続いてる
 勝とうが 負けようが ―
 この道は 君に続いてる

 何を選ぼうと ―
 それは 君へと続いてる
 俺の行く道は ―
 君へと続いてる "





人生をボードゲームに見立てているみたいですね。
そのゴールは愛する人・・・・・・そういうことでしょうか。






いやぁ、字幕って本っ当に難しいもんですね。
ではまたお会いしましょう。






↓ 今回の曲はコチラ ↓


Lawson - Roads



↓ "Lawson" のアルバムはコチラ ↓

1st
Chapman Square
Lawson
Universal Import
2012-11-20


2nd
Chapman Square: Chapter II
Lawson
Imports
2013-10-29

 

今回の "Roads"  を収録する、3rdアルバムの発表が待たれます。
楽しみですね。