字幕づくり 第44回


今回は "Lawson" の "We Are Kings" に、世界最速で挑戦!



実は、海外のリリック掲載サイトでも、まだ歌詞が確定していないんです。
それどころか、かつてライブで歌われたショートバージョンしかない状態。
でも、待ちきれずに、自分の耳を頼りにやっちゃいました。

だから間違いなく、世界最速の日本語訳&日本語字幕。
これで間違ってたら赤っ恥(笑)


"Lawson" 最高!!











- Lyrics -


We’re the victims of our pleasures, taking control of desire
It’s an open invitation, it’s a walk across the wire
I will take you home
You will be my soul salvation 
We will never be alone
It’s a revelation (revelation)

We are kings but they don’t believe us, think we are dreamers
We are kings and they try to lead us but we are the leaders
While they’re fighting over stones, we’ll be taking home the throne
Cuz we are kings and they don’t believe us but they’re gonna need us


Hear the sounds of the coronation, there are millions in the streets
It's ever reigning in our honour, shouting words they will repeat

I will take you home
You will be my liberation
We will never be alone
It’s a revolution (revolution)

We are kings but they don’t believe us, think we are dreamers
We are kings and they try to lead us but we are the leaders
While they’re fighting over stones, we’ll be taking home the throne

Cuz we are kings and they don’t believe us but they’re gonna need us

(We are, we are, we are) said we are kings
(We are, we are, we are) it’s a revolution
(We are, we are, we are) said we are kings

We have paid our dues, we have earned our stripes
We will never lose, we will stand and fight
And now our victory is written on the wall 
We will raise our flag, we will conquer all

We are kings but they don’t believe us, think we are dreamers
We are kings and they try to lead us but we are the leaders
While they’re fighting over stones, we’ll be taking home the throne
Cuz we are kings and they don’t believe us but they’re gonna need us

We are kings
We are kings
We are kings
We are kings

We are kings










※今回のポイント※


最初に聴いた時、「かなり平易な言葉だな」と感じました。
決して単純というワケではなく、「ストレート」という印象。
だから、言葉一つ一つを強調した字幕にしたいと考えました。

そして、一番は「カッコよく」です。











We’re the victims of our pleasures, taking control of desire
It’s an open invitation; it’s a walk across the wire
I will take you home
You will be my soul salvation 
We will never be alone
It’s a revelation (revelation)


"open invitation" は「公の(誰でも歓迎の)招待」
つまりは「誰でも入って来られる」ワケです。
それが転じて「災いを招く」という意味にも。

"walk across the wire"
「"wire" を渡って来る」=「鉄条網を越える」かと。

"We will never be alone"
直訳は「私たちは、決して一人(ぼっち)になれない」
これを「分かち難い」にすると雰囲気が出ます。

"revelation" は「お告げ・啓示・天啓」



" 俺たちは "快楽の犠牲者"
 そいつは "欲望" を支配している
 それは "災い" を招くもの ―
 "鉄条網" を越えてくる

 お前を 連れて行こう
 お前は "魂の救済者" なんだ
 俺たちは "分かち難いもの"
 これは "天啓" なのさ "








We are kings but they don’t believe us, think we are dreamers
We are kings and they try to lead us but we are the leaders
While they’re fighting over stones, we’ll be taking home the throne
Cuz we are kings and they don’t believe us but they’re gonna need us


サビとなるこのパートは、特に難しい表現はありません。
いかにカッコよく表現するか、それが問題です。。

"they’re fighting over stones"
"fight over" は「奪い合う」「~を巡って争う」
"stone" はもちろん「石」なのですが、「宝石」の意味も。
「彼ら」は「宝石を奪い合っている」のかもしれません。
でも、"Lawson" はそれを「宝石」だなんて思っていないんです。

"the throne" は「王座・玉座」そして「王位・帝権」



" 俺たちは "キング"
 でも ヤツらは信じない ―
 "夢想家" と思ってやがる

 俺たちは "キング"
 ヤツらは "リード" したがるが ―
 俺たちこそが "リーダー" さ

 ほら "石っころ" を奪い合ってる間に ―
 俺たちが "玉座" に就いてるぜ

 だって 俺たちは "キング" ―
 ヤツらが 信じてなかろうと
 きっと必要になるぜ "









Hear the sounds of the coronation, there are millions in the streets
It's ever reigning in our honour, shouting words they will repeat


"the coronation"
「アナと雪の女王」で、ちびっ子たちも知ることとなった「戴冠」です。

"reign" は「君臨・統治」

"honour" は「名誉・栄誉」などですが、意訳して「光」に。



" この音を聴け ―
 "戴冠式" だ
 ほら 街中から ―
 "百万の声" が聞こえるぜ

 統治されるんだ ―
 この "光" の下に
 叫んでるぜ ―
 繰り返しな "









I will take you home
You will be my liberation
We will never be alone
It’s a revolution (revolution)


先ほどと、少し言葉が変わっています。



" お前を 連れて行こう
 お前は 俺の "解放者"
 俺たちは "分かち難いもの"
 そう これは "革命" なのさ "









We are kings but they don’t believe us, think we are dreamers
We are kings and they try to lead us but we are the leaders
While they’re fighting over stones, we’ll be taking home the throne
Cuz we are kings and they don’t believe us but they’re gonna need us



" 俺たちは "キング"
 でも ヤツらは信じない ―
 "夢想家" と思ってやがる

 俺たちは "キング"
 ヤツらは "リード" したがるが ―
 俺たちこそが "リーダー" さ

 ほら "石っころ" を奪い合ってる間に ―
 俺たちが "玉座" に就いてるぜ

 だって 俺たちは "キング" ―
 ヤツらが 信じてなかろうと
 きっと必要になるぜ "









(We are, we are, we are) said we are kings
(We are, we are, we are) it’s a revolution
(We are, we are, we are) said we are kings




" 俺たちは "キング" だ!
 これは "革命" だ!
 俺たちが "キング" さ!






 
 

We have paid our dues, we have earned our stripes
We will never lose, we will stand and fight
And now our victory is written on the wall 
We will raise our flag, we will conquer all


"pay one's dues" は慣用句。
「(苦労して)権利・地位を獲得する」

"earn one's stripes" も慣用句。
この場合の "stripe" は軍隊での「袖章・肩章」のこと。
「肩章を取る(受ける)」つまり「昇進」です。
ただ、日本語で「昇進」だと、サラリーマンみたいに感じちゃう?
そこで、字幕では「認められる」にしました。

ここは一番盛り上がるパート。
下手な字幕は付けられません。



" ようやく 手に入れた
 認められたんだ
 決して 敗れない
 いつだって 立ち向かう
 いま 壁に記される ―
 俺たちの "勝利" が
 旗を掲げろ
 全てを 打ち倒せ! "










We are kings but they don’t believe us, think we are dreamers
We are kings and they try to lead us but we are the leaders
While they’re fighting over stones, we’ll be taking home the throne
Cuz we are kings and they don’t believe us but they’re gonna need us

We are kings
We are kings
We are kings
We are kings

We are kings



さあ、繰り返してフィニッシュ。
最後はやっぱり、言い切って終わりたいですね。



" 俺たちは "キング"
 でも ヤツらは信じない ―
 "夢想家" と思ってやがる

 俺たちは "キング"
 ヤツらは "リード" したがるが ―
 俺たちこそが "リーダー" さ!

 ほら "石っころ" を奪い合ってる間に ―
 俺たちが "玉座" に就いてるぜ

 だって 俺たちは "キング" ―
 ヤツらが 信じてなかろうと
 きっと必要になるぜ


 俺たちは 王者なのさ
 俺たちは 王者

 俺たちが 王者だ "









この曲は、ファンに対して「一緒に世界を奪るぞ!」という宣言。
そして、既存の音楽業界に対しての「宣戦布告」だと捉えました。

昨今、こういう気概のあるバンドは本当に貴重。
これからも応援します。





いやぁ、字幕って本っ当に難しいもんですね。
ではまたお会いしましょう。









↓ 今回の曲はコチラ ↓


収録アルバム
Lawson
Lawson
Imports
2015-10-09


【送料無料】 Lawson / Lawson (Repack Asia Edition) 輸入盤 【CD】
【送料無料】 Lawson / Lawson (Repack Asia Edition) 輸入盤 【CD】