字幕づくり 第52回


今回は "Adele" の "Hello" に挑戦。




全世界待望の新アルバム "25" から。
まだ発売前なのに、すでに様々な記録を塗り替える勢い。

彼女の歌声は、どうしてこんなにも心へ響くのでしょう?









- Lyrics -


Hello, it's me
I was wondering if after all these years you'd like to meet
To go over everything
They say that time's supposed to heal ya, but I ain't done much healing

Hello, can you hear me?
I'm in California dreaming about who we used to be
When we were younger and free
I've forgotten how it felt before the world fell at our feet

There's such a difference between us
And a million miles

Hello from the other side
I must've called a thousand times
To tell you I'm sorry for everything that I've done
But when I call you never seem to be home

Hello from the outside
At least I can say that I've tried
To tell you I'm sorry for breaking your heart
But it don't matter, it clearly doesn't tear you apart
Anymore

Hello, how are you?
It's so typical of me to talk about myself, I'm sorry
I hope that you're well
Did you ever make it out of that town where nothing ever happened?

It's no secret that the both of us
Are running out of time

So hello from the other side
I must've called a thousand times
To tell you I'm sorry for everything that I've done
But when I call you never seem to be home

Hello from the outside
At least I can say that I've tried
To tell you I'm sorry for breaking your heart
But it don't matter, it clearly doesn't tear you apart
Anymore, ooooohh
Anymore, ooooohh
Anymore, ooooohh
Anymore, anymore

Hello from the other side
I must've called a thousand times
To tell you I'm sorry for everything that I've done
But when I call you never seem to be home

Hello from the outside
At least I can say that I've tried
To tell you I'm sorry for breaking your heart
But it don't matter, it clearly doesn't tear you apart
Anymore










※今回のポイント※


彼女の情感たっぷりの歌声に、いかに負けない字幕を作るか。
特に後半の盛り上がりは、直訳では絶対的に力不足。

この曲の世界に、どっぷりと浸かり込む必要がありそう。
失恋の記憶などを総動員。









Hello, it's me
I was wondering if after all these years you'd like to meet
To go over everything
They say that time's supposed to heal ya, but I ain't done much healing


"Hello, it's me"
電話でのやり取りです。
日本語でなら「もしもし」ですが、語感が悪い。
そこで、最初だけは電話と分かるように「もしもし」とし、
二回目以降は「ねえ」と訳します。

"I was wondering if ~ "
「もし、よろしければ~」の意味で使われますが、
もっとダイレクトに「~してくれるか、考えていた」にします。

"after all these years"
単純に言うと「これらの年月が過ぎ去った後で」。
場合によって、意味合いが違ってきます。
「長い付き合い」にもなれば、「数年ぶり」にも。
今回は、「今さら」がいいかな?

"go over everything"
"go over" も、色々な意味がある言い回し。
色々ありすぎて、ちょっと説明がしづらいです。
今回は、「(全てを)振り返る」くらいの意味かな?

"but I ain't done much healing"
「私は、あんまり回復していないわ」
ここは意訳して「けど、そうでもないみたい」に。
自然な訳になると思います。



" もしもし ―
 私よ
 考えていたの ―
 今さら 会ってくれるのかなんて
 振り返ってみようと ―
 思うかしらなんて

 "時が癒してくれる" なんて言うけど ―
 そうでもないみたい "









Hello, can you hear me?
I'm in California dreaming about who we used to be
When we were younger and free
I've forgotten how it felt before the world fell at our feet


"I'm in California dreaming about who we used to be"
「今カリフォルニアにいて、以前の自分たちを夢見ている」
そんな風に訳してしまいそう。
でも、ここは「私は "California dreaming" の中にいる」
こっちの方が自然ではないでしょうか?

じゃあ "California dreaming" が何なのかと言うと、
パパス&ママスの "California dreaming"
(邦題:夢のカリフォルニア)のことでしょう。
「寒い冬の日に、暖かいカリフォルニアを夢見る」
つまり、「現実とはかけ離れた事を夢想している」という感じ。


"I've forgotten how it felt before the world fell at our feet"
「私たちの足元から、世界が崩れていくその前に、
どう思ったかなんて忘れてしまった」
ここは文字数が厳しい所なので、思い切って意訳します。



" ねえ ―
 聞こえる?
 私は 叶わぬ夢を ―
 かつての二人を 夢見てる
 若くて ―
 自由だった頃を
 もう忘れたわ 二人の ―
 世界が 崩れる去る前なんて "









There's such a difference between us
And a million miles


ここは「叶わぬ想い」の悲壮感を出ししたい所。
それさえ表現できれば、「百万マイル」じゃなくても良いかと。



" 二人の間には ―
 こんなにも 隔たりが
 そう 果てしなくね … "









Hello from the other side
I must've called a thousand times
To tell you I'm sorry for everything that I've done
But when I call you never seem to be home


"from the other side"
「別の側から」「向こう側から」ですが、シチュエーション的に、
「受話器ごし」とするのが自然。

"must have" は「~したに違いない」

"To tell you I'm sorry for everything that I've done
 But when I call you never seem to be home"
「私のしたこと全てについて、ごめんなさいを言いたい」
「だけど、電話しても、あなたは一度も家にいない」
直訳でも通じますが、もう少しスマートにしたいですね。


" 受話器ごしに 呼びかける
 もう 千回は かけている
 一言 謝りたいのよ ―
 私の したことを
 でも あなたは居ないの ―
 何度 かけても … "







Hello from the outside
At least I can say that I've tried
To tell you I'm sorry for breaking your heart
But it don't matter, it clearly doesn't tear you apart
Anymore


"Hello from the outside"
「外側から」「外の世界から」電話をしている。
つまり、「もう、あなたの心に入れない」というニュアンスが。
この「心の外側」のイメージは、最後の最後に取っておきます。
ここでは、先の「二人の間には果てしない隔たりがある」という
「距離感」を活かして「彼方から」にしました。

"At least I can say that ~ "
「少なくとも、~は言える」なのですが、今回は意訳し、
「ねえ、分かって」に。

"it don't matter" 「そんなの関係ねえ」
ここでは、「どうでもいいこと」の意味。

"it clearly doesn't tear you apart anymore"
「それがもう、あなたを苦しめないことは、はっきりしている」
曲のタイミングに合わせ、次のようにまとめます。



" 彼方から 呼びかける
 ねえ 分かって ―
 伝えようとしたのよ
 ごめんなさい あなたを ―
 傷つけてしまって

 でも どうでもいいわよね
 あなたは ―
 苦しんでいないもの
 そんなことでは もう … "








Hello, how are you?
It's so typical of me to talk about myself, I'm sorry
I hope that you're well
Did you ever make it out of that town where nothing ever happened?


"make it out of ~ " は「~脱出する」。

"town where nothing ever happened"
直訳すれば「何も起きない街」。
これを「何もない、退屈な街」にしました。



" ねえ ―
 元気?
 自分のこと話すなんて ―
 私らしいわよね … ごめん
 あなたが ―
 元気だったら いいな
 あの街からは 出られた?
 何もない 退屈な街 "










It's no secret that the both of us
Are running out of time


"It's no secret"
「隠す必要がない」「誰もが知っている」。

"run out of time"
「時間がない」「時間切れ」。



" もう 分かりきったこと
 私たち 二人 ―
 時間切れなのよね "









So hello from the other side
I must've called a thousand times
To tell you I'm sorry for everything that I've done
But when I call you never seem to be home



" 受話器ごしに 呼びかける
 もう 千回は かけている
 一言 謝りたいのよ ―
 私の したことを
 でも あなたは居ないの ―
 何度 かけても … "










Hello from the outside
At least I can say that I've tried
To tell you I'm sorry for breaking your heart
But it don't matter, it clearly doesn't tear you apart
Anymore, ooooohh
Anymore, ooooohh
Anymore, ooooohh
Anymore, anymore


"Anymore" の部分は、ただ繰り返しても面白くありません。
より感情が伝わるように心がけます。



" 彼方から 呼びかける
 ねえ 分かって ―
 伝えようとしたのよ
 ごめんなさい あなたを ―
 傷つけてしまって

 でも どうでもいいわよね
 あなたは ―
 苦しんでいないもの
 こんなことでは もう …
 こんなことでは
 もう あなたは
 あなたは …
 あなたは もう … "











Hello from the other side
I must've called a thousand times
To tell you I'm sorry for everything that I've done
But when I call you never seem to be home

Hello from the outside
At least I can say that I've tried
To tell you I'm sorry for breaking your heart
But it don't matter, it clearly doesn't tear you apart
Anymore


さあ、クライマックスです。
サビの繰り返しをどう扱うかで、盛り上がりが全く違います。

どうしても意訳が多くなってしまいますが、
歌詞に込められた想い、気持ちを代弁するつもりで。

"from the outside" を活かすのもここ。




" 受話器ごしに 呼びかける
 そう 千回は かけたはず
 ごめんなさい 全部 ―
 私が 悪かったのよ
 でも 届かない
 二度と ―
 この言葉は …


 届かなくても 呼びかける
 そうよ 伝えようとしたわ
 ただ 謝りたかったの ―
 傷つけたことを

 でも 意味を持たない ―
 そんな言葉
 だって あなたの中に ―
 私は もう … "










後半は、いかにも自分らしい訳になりましたね。
ちゃんとこの曲を引き立てられる、
そんな字幕になっていれば嬉しいのですが……。







いやぁ、字幕って本っ当に難しいもんですね。
ではまたお会いしましょう。










↓ 今回の曲はコチラ ↓


Adele - Hello
 


収録アルバム ※予約受付中※
25
アデル
Hostess Entertainment
2015-11-20