字幕づくり 第53回


今回は "Justin Bieber" の "I'll Show You" に挑戦。




このビデオを観ていたせいでしょうか?
わやQ、今夜からまた葛根湯のお世話になりそうです。

ジャスティン君、薄着で心配(裸)








- Lyrics -


My life is a movie and everyone's watching
So let's get to the good part and past all the nonsense

Sometimes it's hard to do the right thing
When the pressure's coming down like lightning
It's like they want me to be perfect
When they don't even know that I'm hurting

Cause life's not easy, I'm not made out of steel
Don't forget that I'm human, don't forget that I'm real
Act like you know me, but you never will
But that's one thing that I know for sure
I'll show you
I'll show you
I'll show you
I'll show you

I've got to learn things, learn them the hard way
Got to see what it feels like, no matter what they say

Sometimes it's hard to do the right thing
When the pressure's coming down like lightning
It's like they want me to be perfect
When they don't even know that I'm hurting

Cause life's not easy, I'm not made out of steel
Don't forget that I'm human, don't forget that I'm real
Act like you know me, but you never will
But that's one thing that I know for sure
I'll show you
I'll show you
I'll show you
I'll show you
Cause life's not easy, I'm not made out of steel
Don't forget that I'm human, don't forget that I'm real
Act like you know me, but you never will
But that's one thing that I know for sure

I'll show you
I'll show you









※今回のポイント※


今回、表現などで難しい部分はありません。
ほとんど直訳で、意味が通じます。

ただ、これを字幕にするのは少し大変。
文字数を減らす努力が必要です。

元の意味をできるだけ損ねないよう、かつ大胆に。









My life is a movie and everyone's watching
So let's get to the good part and past all the nonsense


自分の人生を、映画に例えています。
なので後半は、それに対応して意訳。



" 僕の人生は 映画なんだ
 みんな それを観ているのさ
 だから 早送りしようよ
 つまらないシーンは 飛ばしてさ "







Sometimes it's hard to do the right thing
When the pressure's coming down like lightning
It's like they want me to be perfect
When they don't even know that I'm hurting


"Sometimes it's hard to do the right thing"
「たまには、正しい事をするのが難しい場合もある」
ここを「選択を誤ることだってあるよ」と意訳。

"When the pressure's coming down like lightning"
「プレッシャーが、雷のように落ちてくる時には」
ここも長すぎるので、意訳しなければなりません。
"lightning"(雷)は、韻を踏むための言葉と割り切り、
ここではスパッと省略しちゃいます。
「プレッシャーに 追い詰められたらね」

"It's like they want me to be perfect
 When they don't even know that I'm hurting"
「みんな、僕に完璧を求めているみたいだ」
「僕が傷ついているってことさえ、知らない時でも」
もとの意味を損なわない程度に、文字数を減らします。



" 選択を 誤ることだってあるよ
 プレッシャーに 追い詰められたらね
 みんな 僕に完璧を求めてる
 僕が 傷ついてることさえ知らず … "








Cause life's not easy, I'm not made out of steel
Don't forget that I'm human, don't forget that I'm real
Act like you know me, but you never will
But that's one thing that I know for sure
I'll show you
I'll show you
I'll show you
I'll show you


"Cause life's not easy, I'm not made out of steel
 Don't forget that I'm human, don't forget that I'm real"
「だから、(僕の)人生は簡単じゃない」
「僕は、鋼鉄でできてるわけじゃない」
「僕が人間だってこと、忘れないで」
「現実(の存在)なんだって、忘れないで」
これを、何とか縮めないといけません。

これまでの流れで、「人生」は削っても理解できます。
「鋼鉄でできて~」も、「鉄じゃない」でイケる。
「忘れないで」は、呼びかける感じにすれば伝わります。
「現実の存在」は……「生きている」の方がむしろリアル。


"Act like you know me, but you never will"
これを、日本語でちゃんと伝わるようにすると、
「僕の考えてることを、ちゃんと理解している(人)みたいに行動して」
「でも、(そんな風には)絶対にできないよね」
みたいに、とても長ったらしくなっちゃいます。
字幕では、当然使えません。
ここは、あえて言い切らないことで、ニュアンスを伝える方向にします。

"I know for sure"
「確か(確実)だと言える(思っている)こと」

これらを踏まえて、次のようにまとめました。



" だから 楽じゃないよ
 僕は 鉄じゃないもの
 そう 人間なんだ
 生きているんだよ

 君も 理解者のように ―
 でも 無理だよね
 けど 一つだけ確かなこと それは …

 見せてあげる
 見せてあげるよ
 見せてあげる
 君に … "









I've got to learn things, learn them the hard way
Got to see what it feels like, no matter what they say


ここは、直訳でも大丈夫そう。
その分、訳す人のクセが出ちゃいそうで、恥ずかしい……。


" 学ばなきゃ いけないんだ ―
 辛く 苦しいことから
 どう感じるのか 分からなきゃ ―
 誰に 何を言われたって "









Sometimes it's hard to do the right thing
When the pressure's coming down like lightning
It's like they want me to be perfect
When they don't even know that I'm hurting

Cause life's not easy, I'm not made out of steel
Don't forget that I'm human, don't forget that I'm real
Act like you know me, but you never will
But that's one thing that I know for sure
I'll show you
I'll show you
I'll show you
I'll show you
Cause life's not easy, I'm not made out of steel
Don't forget that I'm human, don't forget that I'm real
Act like you know me, but you never will
But that's one thing that I know for sure

I'll show you
I'll show you







この曲、後はこれまでの繰り返しで終わります。
訳した文量は、かなり少ないですね。

逆に言えば、それだけ訳に変化をつけにくいってこと。

ただ訳すだけなら、そのまま終わって構わないません。
でも、わざわざ字幕を作るなら、最後に一盛り上がり欲しい。

ただの繰り返しにならないよう、もう一工夫。
最後に、余韻も欲しいですね。




" 選択を 誤ることだってあるよ
 プレッシャーに 追い詰められたらね
 みんな 僕に完璧を求めてる
 僕が 傷ついてることさえ知らず …


 だから 楽じゃないよ
 僕は 鉄じゃないもの
 そう 人間なんだ
 生きているんだよ

 君も 理解者のように ―
 でも 無理だよね
 けど 一つだけ確かなこと それは …

 見せてあげる
 見せてあげるよ
 見せてあげる
 君には …


 苦しいよ
 僕は 鉄じゃない
 忘れないで ―
 一人の 人間なんだ

 理解者でいて ―
 叶わない 望みだけど
 それでも僕は 君に …

 見せてあげるよ
 これからも … "










わやQ、苦悩や悲しみを感じられる曲が好みみたい。
辛くても "I'll show you" と言えるジャスティン君。
かっこいいです。





いやぁ、字幕って本っ当に難しいもんですね。
ではまたお会いしましょう。










↓ 今回の曲はコチラ ↓



Justin Bieber - I'll Show You




収録アルバム
パーパス~デラックス・エディション(初回限定盤)(DVD付)
ジャスティン・ビーバー
ユニバーサル ミュージック
2015-11-13