字幕づくり 第66回


今回もクリスマス特集。
"Train" の "Shake up Christmas" に挑戦。



ハッピーな気持ちで泣ける曲。
またも動画を作りながら号泣。

日本での知名度は、まだまだ全然ありませんが、
クリスマスソングの新しい定番になる名曲だと思っています。







- Lyrics -


Ho, ho, ho...

Shake up the happiness
Wake up the happiness
Shake up the happiness
It's Christmas time

There was a story that I was told
And I want to tell the world before I get too old
And don't remember it, so let's December it
And reassemble it, oh yeah

Once upon a time in a town like this
A little girl made a great big wish
To fill the world full of happiness
And be on Santa's magic list

Shake it up, shake up the happiness
Wake it up, wake up the happiness
Come on all, it's Christmas time
Shake it up, shake up the happiness
Wake it up, wake up the happiness
Come on all, it's Christmas time
Ho, ho, ho,
Ho, ho, ho,
It's Christmas time

At the same time miles away
A little boy made a wish that day
That the world would be okay
And Santa Clause would hear him say
I got dreams and I got love
I got my feet on the ground and family above
Can you send some happiness with my best
To the rest of the people of east and the west

And maybe every once in a while
You give my a grandma a reason to smile
'Tis the season to smile
It's cold but we'll be freezing in style

And let me meet a girl one day
That wants to spread some love this way
We can let our souls run free
And she can open some happiness with me

Shake it up, shake up the happiness
Wake it up, wake up the happiness
Come on all, it's Christmas time
Shake it up, shake up the happiness
Wake it up, wake up the happiness
Come on all, it's Christmas time

I know you're out there
I hear your reindeer
I see the snow where
Your boots have been

I'm gonna show them
So they will know then
Then love will grow and
They believe again

Shake it up (shake it up), shake up the happiness
Wake it up, wake up the happiness
Come on all, it's Christmas time
Shake it up, shake up the happiness
Wake it up, wake up the happiness
Come on all, it's Christmas time
Ho, ho, ho,
Ho, ho, ho,
It's Christmas time

Shake it up, shake up the happiness
Wake it up, wake up the happiness
Come on all, it's Christmas time
Shake it up, shake up the happiness
Wake it up, wake up the happiness
Come on all, it's Christmas time

Ho, ho, ho,
Ho, ho, ho,
Ho, ho, ho,
It's Christmas time







※今回のポイント※


この曲の難しい所は、「韻を踏むため」の歌詞が多いこと。
そのまま訳すと、日本語ではおかしくなっちゃいますし、
逆に意訳をしすぎると、ニュアンスが伝わらないかもしれない。
さじ加減が難しい内容です。

また、同様の理由で「切れ目」が通常と違います。
字幕表示のタイミングも、少し工夫が必要でした。







Shake up the happiness
Wake up the happiness
Shake up the happiness
It's Christmas time


"shake (it) up"
我々日本人には、イマイチ使い方が分からない言葉かも。
なぜなら、「急がせる」とか「奮い立たす」とかの意味があったり、
「(組織などの)大刷新」の意味もあったりするからです。
ノリの良い曲なら「腰を振れ!」の意味にもなりますね。
「シェケナベイべー!」ってやつです。
難しい? 
でも、イメージすればニュアンスを掴めるようになります。

これは、本来「振る」「揺さぶる」の意味でしかありません。
それがなぜ色々な意味になるかと言うと……
「急がせる」なら、「さっさと行けよ」と(小突いて)揺さぶる。
「奮い立たす」なら、「しっかりしろ!」と肩を揺さぶる。
「起こす」なら、「朝だよ」と身体を揺さぶる。
「大刷新」を日本の俗語にすれば「ガラガラポン」で同じ内容。

とにかく「振る」「揺さぶる」を念頭に置き、
あとはその時の状況で意味を連想すればOKです。



 "幸せ" を揺さぶって ―
 目を覚まさせよう
 "幸せ" を起こすんだ
 さあ クリスマスだぜ






There was a story that I was told
And I want to tell the world before I get too old
And don't remember it, so let's December it
And reassemble it, oh yeah


"reassemble"
「再び集まる」=「再構成」
ここでは「思い出しながら語る」のニュアンスです。

このパートは「韻」のための言葉選びがされています。
単語にこだわらず、内容がしっかり伝われば大丈夫。
メロディーとリズムに合わせて意訳します。



 "人づて" に聞いた話
 世界に語りたいんだ 俺が老いて ―
 忘れちまう前に
 12月だし
 やってみようかな






Once upon a time in a town like this
A little girl made a great big wish
To fill the world full of happiness
And be on Santa's magic list


ここは難しくないので、解説はいりませんね。
少し伝聞調で表現しましょうか。
言葉遣いはちょっとだけロックっぽく。



 昔々 こんな街で
 少女が 馬鹿デカい願いごと
 "世界を 幸せでいっぱいに … "
 サンタは "リスト" に載せました






Shake it up, shake up the happiness
Wake it up, wake up the happiness
Come on all, it's Christmas time
Shake it up, shake up the happiness
Wake it up, wake up the happiness
Come on all, it's Christmas time
Ho, ho, ho,
Ho, ho, ho,
It's Christmas time



 揺さぶるんだ "幸せ" を
 起こすんだ "幸せ" を
 さあ みんな … クリスマスだぜ
 揺さぶるんだ "幸せ" を
 起こすんだ "幸せ" を
 さあ みんな … クリスマスだぜ
 ホッホッホー
 ホッホッホー!
 そう クリスマスなのさ






At the same time miles away
A little boy made a wish that day
That the world would be okay
And Santa Clause would hear him say
I got dreams and I got love
I got my feet on the ground and family above
Can you send some happiness with my best
To the rest of the people of east and the west


前半は、さきほどの「少女」と対に。
後半は、自分自身のことを語り、
同時に私たちに問いかけています。

"(have) one's feet on the ground"
「地に足をつけている」「堅実」

"family above"
かなり砕けた、歌の上だけでの表現でしょうが、
おそらく「家族優先」の意味でしょう。
要は「マイホームパパ」です。



 その頃 遠くのどこかでは
 少年が "その日" に願いごと
 "世界が 平和でありますように"
 サンタは それを聞きました

 俺は "夢と愛" を手に入れた
 地に足をつけ 家族を大事に
 君も 俺みたいにできるかい?
 西から東 全ての人に "幸せ" を!







And maybe every once in a while
You give my a grandma a reason to smile
'Tis the season to smile
It's cold but we'll be freezing in style


"(every) once in a while"
「時たま」「時々」「時折」「たまに」

" 'Tis the season"
この " 'Tis" は "it is" の省略形(古語)なのですが、
このフレーズでしか見る機会はありません。
しかも、このフレーズ自体がクリスマス限定と考えていいです。
このフレーズを見たら「ああ、クリスマスだな」という気持ちに。
日本人が「冷やし中華はじめました」の貼り紙を見て、
「夏がやってくるなー」と感じるのと一緒です(大マジ)

"freezing in style"
「冬物ファッション」と捉えて問題ないでしょう。



 もしかしたら 君も時には ―
 うちの婆ちゃんに ほほ笑みを
 そう "笑顔" の季節だもの
 寒くたって "冬物" を着ればいいのさ






And let me meet a girl one day
That wants to spread some love this way
We can let our souls run free
And she can open some happiness with me


"open some happiness"
これは "happiness (gate)" と考えれば分かりやすいです。



 あの日の少女に 会わせてよ
 この道に "愛" を撒こうとした子
 俺たち "心" を解き放てるさ
 そしたら 彼女も "幸せの扉" を …

 揺さぶるんだ "幸せ" を
 起こすんだ "幸せ" を
 さあ みんな … クリスマスだぜ
 揺さぶるんだ "幸せ" を
 起こすんだ "幸せ" を
 さあ みんな … クリスマスだぜ






I know you're out there
I hear your reindeer
I see the snow where
Your boots have been

I'm gonna show them
So they will know then
Then love will grow and
They believe again


なぜかここが、わやQの涙腺決壊ポイント。
みんな、サンタさんを信じていた頃に戻りましょう。
そして願いは叶うんだと。
みんなが幸せになりますように。



 そこに 来ているんだね
 トナカイの足音
 雪の上には ―
 ブーツの跡が …

 みんなに 見せるよ
 そして きっと気づくんだ
 その時 "愛" は広がり ―
 誰もまた "信じる" んだ!







Shake it up (shake it up), shake up the happiness
Wake it up, wake up the happiness
Come on all, it's Christmas time
Shake it up, shake up the happiness
Wake it up, wake up the happiness
Come on all, it's Christmas time
Ho, ho, ho,
Ho, ho, ho,
It's Christmas time

Shake it up, shake up the happiness
Wake it up, wake up the happiness
Come on all, it's Christmas time
Shake it up, shake up the happiness
Wake it up, wake up the happiness
Come on all, it's Christmas time

Ho, ho, ho,
Ho, ho, ho,
Ho, ho, ho,
It's Christmas time


さあ、クライマックス。
何度も同じフレーズが繰り返されますが、
しっかりと盛り上げてフィニッシュしましょう。

でも、あんまり余計なことはしません。
最後のパートを、ほんの少し変えるだけ……。



 揺さぶるんだ "幸せ" を
 起こすんだ "幸せ" を
 さあ みんな … クリスマスだぜ
 揺さぶるんだ "幸せ" を
 起こすんだ "幸せ" を
 さあ みんな … クリスマスだぜ
 ホッホッホー
 ホッホッホー!
 そう クリスマスなのさ

 揺さぶるんだ "君の幸せ"
 起こすんだ "君の幸せ"
 さあ やろう … クリスマスに
 揺さぶるんだ "みんなの幸せ"
 起こすんだ "みんなの幸せ"
 さあ やろう … クリスマスに
 ホッホッホー
 ホッホッホー!
 ホッホッホー!!
 それが クリスマスさ









やっぱりね、クリスマスっていうのはね、
自分の幸せを願うんじゃなくて、誰かの幸せを願うものなんですよ。
それが、自分自身の幸せになるんです。

"Last Christmas" の回では、悪態をつきまくったわやQ。
今回は「白い」ですね。真っ白。
まるで "White Christmas" です。

 


いやぁ、字幕って本っ当に難しいもんですね。
ではまたお会いしましょう。







↓ 今回の曲はコチラ ↓



Train - Shake up Christmas



収録アルバム


Christmas in Tahoe
Train
Sunken Forest Rec.
2015-11-13