字幕づくり 第70回


"Mariah Carey - Auld Lang Syne (The New Year's Anthem, Fireworks Version)"




この投稿をもちまして、本年の営業は全て終了させていただきます。
今年一年、本当にありがとうございました。
来年も変わらぬご愛顧、どうぞよろしくお願いいたします。








- Lyrics -


Should auld acquaintance be forgot
And never brought to mind
Should auld acquaintance be forgot
And auld lang syne

For auld lang syne, my dear
For auld lang syne
We'll tak' a cup o' kindness yet
For auld lang syne
For auld lang syne


10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1

Should auld acquaintance be forgot
And never brought to mind
Should auld acquaintance be forgot
And auld lang syne

Auld lang syne, my dear
For auld lang syne
We'll tak' a cup o' kindness yet
For auld lang syne
For auld lang syne, my dear
For auld lang syne
We'll tak' a cup o' kindness yet
For auld lang syne
Ey, oh yeah, ey, ey, eh

Happy New Year baby, eh, oh

Should auld acquaintance be forgot
And never brought to mind
Should auld acquaintance be forgot
And auld lang syne
Does anybody really know the words
Might as well sing along
Happy New Year baby
Happy New Year baby

Should auld acquaintance be forgot
And never brought to mind
Should auld acquaintance be forgot
And auld lang syne
Happy New Year
To you and your friends
And have a drink on me
Happy New Year
To you
And have a drink on me

10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1
Happy new year





※今回のポイント※

「蛍の光」として知られる、「オールド・ラング・ザイン」。
スコットランド民謡としてあまりにも有名ですが、
彼の国においては、準国歌的な意味合いを持つ特別な歌。

「マッサン」でも、エリーちゃんがよく歌っていましたね。

今回やるのは、マライアによる「新年特別バージョン」です。
本来の歌詞を引用しつつも、別物と捉えるべきでしょう。

どちらかと言うと「男性的」に訳される場合が多いので、
今回は「女性が歌う」ことを意識して訳します。
また、冒頭はある程度「格式」を保った内容にしてありますが、
その後は「現代的」な解釈を行っています。
今年最後の「お遊び」として、どうかお許しください。


この歌では、スコットランドの古い言い回しが使われていますが、
それさえ理解してしまえば、誰にでも訳せると思います。

その部分だけ先に説明します。

auld = old

lang = long

syne = since

o' = of





Should auld acquaintance be forgot
And never brought to mind
Should auld acquaintance be forgot
And auld lang syne

For auld lang syne, my dear
For auld lang syne
We'll tak' a cup o' kindness yet
For auld lang syne
For auld lang syne


"acquaintance" は「知り合い」「知人」
この冒頭部分だけは、原曲に敬意を表して格式高く。
そこに、女性的な柔らかさを加えます。



 旧友は 忘れ去り ―
 思い出しは しないのでしょうか?
 古き日の 懐かしい ―
 思い出さえも

 ああ かけがえのない友よ
 あの 懐かしき日々
 いつの日か また 杯を手に ―
 語り明かしましょう
 あの 懐かしき日々を …







Should auld acquaintance be forgot
And never brought to mind
Should auld acquaintance be forgot
And auld lang syne

Auld lang syne, my dear
For auld lang syne
We'll tak' a cup o' kindness yet
For auld lang syne
For auld lang syne, my dear
For auld lang syne
We'll tak' a cup o' kindness yet
For auld lang syne

Should auld acquaintance be forgot
And never brought to mind
Should auld acquaintance be forgot
And auld lang syne


ここから先は、曲調に合わせて現代的に。
内容的には繰り返しなので、一気にやります。



 もう 忘れてしまったの?
 思い出したりしない?
 私たちの 懐かしい ―
 思い出たちを

 かけがえのない 仲間たちと
 あの 美しき日々
 きっと またグラスを手に ―
 語り明かすのよ
 かけがえのない仲間
 美しき日々
 いつかまた 再会し ―
 乾杯しましょうね


 もう 忘れてしまったの?
 思い出したりしない?
 私たちの 懐かしい ―
 思い出たちを






Should auld acquaintance be forgot
And never brought to mind
Should auld acquaintance be forgot
And auld lang syne
Happy New Year
To you and your friends
And have a drink on me
Happy New Year
To you
And have a drink on me

10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1
Happy new year


"a drink on me"
日常会話でよく使われる "on me" は、「おごって」の意味。

この最後のパートは、原曲の歌詞と全く関係ありませんね。
ニューイヤーパーティーっぽく楽しく終わらせましょう。



 もう 忘れてしまったの?
 思い出したりしない?
 私たちの 懐かしい ―
 思い出たちを …

 みんな 新年おめでとう
 私に 一杯おごってね
 あなたの 幸せを祈ってる
 みんな一緒に 乾杯よ!


 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2, 1
 おめでとう!









それでは皆様、良いお年をお迎えください。





いやぁ、字幕って本っ当に難しいもんですね。
ではまた来年お会いしましょう。








↓ 今回の曲はコチラ ↓



Mariah Carey - Auld Lang Syne (The New Year's Anthem, Fireworks Version)



収録アルバム
Merry Christmas II You
Mariah Carey
Island
2010-11-02